トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

7月31日 奥三河の地質と鉱物

地学の観察会です

日時 7月31日9時30分から16時

場所 奥三河地方

今回は定員厳守となります そのため友の会会員を優先とし 友の会会員だけでも定員を超えた場合は抽選となります。抽選から漏れた場合は参加できません。ご了承ください

詳細については 本日(6月30日)発送の友の会からのお手紙を読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカショウビン

6月25日 朝早く 博物館周辺でアカショウビンが鳴いたと 近所の方から教えていただきました

ほほう!それは珍しい!以前私も一度だけ博物館で聞いたことがあります そのときはきれいな鳴き方をするトビだなぁ よっぽど気分が良いんだなぁ などと聞いていました

実はそれがアカショウビン!素人とはそういうものです・・・ 

その日の夕刻 仕事も終わり 博物館から外に出ると おや?ややや?

♪きょろろろろろろろろろ~♪

!!!アカショウビン!!!

博物館周辺の山や谷をぐるぐる何回も鳴いています 姿は見られなかったけど 久しぶりに聞く 爽やか&涼しげな 声でした

akasyoubin アカショウビン(赤翡翠)
ブッポウソウ目カワセミ科
日本では夏鳥です
全身赤い色のカワセミの仲間です

←こんな感じの鳥

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

6月26日 役員会

きのこの観察会終了後 友の会役員会を行ないます

みなさん ぜひ出席してくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムクゲの災難

6月15日に モリアオガエルの産卵を撮影した用水池のムクゲの木にその後も 産卵がありました

実はあのムクゲは去年 きのこが生えたのが原因?で 枯れてしまい 今年は 葉が1枚もない状態です

そこへ15日の産卵があり その後持ち主さんのご好意で 卵の説明札がかけられました
「これはモリアオガエルの卵です」という内容の説明札です

ところが 次はその札に卵を産み付けてしまったのです

20050624適当な枝がなければ なんにでも産み付けてしまうモリアオガエルさん

タフです こうでなければ 自然界では生き残れません・・・

今朝(6月25日)通りながら見たら 新しい説明札が下げられていました

それにも 卵がついちゃうかも・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

モリアオガエル…

博物館のハナノキ池に今年もモリアオガエルがたくさん卵を産みました

例年と比べると ちょっと遅めな感じもするけど・・・

まぁ それはおいといて 

今年の卵はちょっと変 何か変
博物館の改修工事のときに 池の上にせり出していたハナノキの枝を
切られてしまったのが 大きな原因だとは思うんだけど・・・

見事にぜーんぶ 池の上にありません
最初の1個は微妙に池の上だったけど
職員が気付く前にオタマジャクシが落ちてしまい
池にはほとんど落ちない状態で かわいそうなことをしてしまいました

2個目からは 見事に池にかすりもしない位置です
モリアオ母さん どうしちゃったんでしょう

今後 卵を観察しつつ 卵の下に池を仮設してオタマジャクシの緊急保護をしなくちゃ!

20050623写真の赤丸がモリアオガエルの卵
奥行きが写真ではわかりにくいけど
すべて「ハズレ」の位置です

卵の位置も高いため
卵で保護することも無理~

博物館のハナノキの下に
非常池(コンテナ)を設置します

やれやれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

トンボだらけ~

ここのところ 博物館のハナノキ池周辺を よーく探すと
あちらこちらに トンボのヤゴの抜け殻があります

池から伸びているイグサやその他植物だけでなく
ハナノキ池の壁 さらには池から離れた石にもいます

いろいろな抜け殻が そこかしこにたくさんあります

ハナノキ池は 博物館のリニューアルとともに
それまでの池が工事のために埋め立てられてしまい
工事が終わったあとに作られた 2度目の夏を迎える池です

イモリも住み着いてくれたし なんだかんだといって
ちゃっかり 博物館の自然になじんでくれました 
やれやれ一安心です

20050619今回適当な写真がなかったので
先日私が食べた「レモンケーキ」の画像で
お楽しみくださいませ

たいへん美味でした♪ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

ラジオ出演決定!

正確には昨日(6月16日)の話なんだけどね

FMとよはしさんが取材に来てくれました!!!

放送は7月13日 20日 27日 8月3日の午後2時ごろからです

パーソナリティーと学芸員が会話をしながら博物館をご案内してます

聞けるところに住んでいる人はぜひ聞いてね!

・・・残念なことに ここ博物館では聞くことができません 聞いた方は感想を博物館まで教えてね

20050616-2一発本番の収録に緊張している
学芸員の背中・・・
写真も緊張でちっちゃくなっちゃいました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

6月16日 木 雨雨雨

今日 待ちに待った 荷物が届きました

20050616 「焼鳥用うずら」と箱に書いてあります

月に2回から3回 博物館へ届きます

冷凍便で届きます

宅配便の人に「博物館の職員はとってもうずらの焼鳥好き」と誤解されてるのではといつも不安になります・・・

そうではなく この箱の中身は 博物館で保護しているフクロウ類のご飯です
ご飯となるうずらの雛が袋に詰められて冷凍されています
そのままの姿で冷凍されています
しかも全てオスというのが悲しい・・・

今回は県道32号線からの はみ出し情報でした

県道32号線長篠から鳳来寺まではカーブの多い道路です
雨天の場合など 特に気をつけて運転してくださいね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

6月15日の出来事

博物館の近くの木でモリアオガエルが産卵中!との情報が来たので 学芸員がカメラと脚立を携えて現場に急行&撮影開始!
雨は降ってるし 足元は不安定だし 木の下は用水池だしと悪条件の重なる中 無事撮影終了~
生みたての卵は 雨に濡れて白く輝いておりました

20050615

カメラを構える学芸員と傘を差し出す臨職2号さん
足元は池です 落ちなくて良かった・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

お疲れさまでした♪

昨日の打ち合わせ会 & 初仕事 ありがとうございました

これからも あんな感じですがご協力をお願いします

しかし暑い日でした・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

6月11日 土 曇→雨

今日から梅雨入りだそうです
博物館もお昼にはすっかり雨となりました

しばらくはこんな日が続きますね

でも雨降りの日の山は 雨に洗われて緑色がとてもきれいです

雨降りのドライブは緊張もするけど ゆっくり走ると意外な発見があって楽しいものです

県道32号線長篠から鳳来寺まではカーブの多い道路です
雨天の場合など 特に気をつけて運転してくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月12日 博物館協力隊打ち合わせ会

6月12日 午後より 協力隊の打ち合わせ会を行ないます

今年度協力隊に申し込まれた方はなるべく来てくださいね

今年度の活動などについて話し合います その後はちょっぴりお仕事もあります

汚れてもよい服装で来てね♪

詳細は博物館までお問い合わせ下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月26日 梅雨期のきのこ観察会

今回は友の会会員専用の観察会です

日時 6月26日10時から15時

場所 博物館周辺

タイトルが示すように?雨天決行の観察会です 小雨程度なら野外へ出かけますので準備万端でよろしくお願いします

事前に申込みが必要ですよ♪お忘れなく♪

詳細は博物館までお問い合わせください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月 »