« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月19日 (木)

春はすぐそこ・・・かな?

今年も この香りがやってきました

新年になると どこからか ふうわりと 漂ってくるこの香り
春の香りとでもいいましょうか 甘く爽やかに香ります

その香りは そう!「ロウバイ」です
(いろいろ種類があるらしいので細かい名前は省略!)
鮮やかな黄色の初春の花!という雰囲気です

博物館の学習室前で 今 満開です

橋を渡っていると かすかに感じられる 良い香りです

寒いこの季節に 春はすぐそこ!って感じられる 素敵な花です
あなたの街や公園など いろいろなところに あると思うので 探してみてくださいね

20060118   

 

 

黄色くて可愛い花です
香りも良いんだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

戌年にちなんで

20060108c 博物館のロビーに 今年の干支 戌年にちなんだ展示が始まりました

←「イヌツゲ」です
 もちのき科で黒い実がついています

今年の干支で主役!なんとなく縁起のよい展示な気がします

が!植物などでは「イヌ」というのがつく名前はイマイチなんだそうで

例えば「イヌ●●●」では「●●●に似ているけど●●●とは違って役に立たない」とか「●●●より品質が劣る」という風に使われるんだそうです

キノコの名前だと「ばか」「にせ」「もどき」なんてつくのがありますが そういう感じかな?
ストレート過ぎるような でもわかり易いというべきか
よく考えるとすごい名前だ!「ばかまつたけ」は頭に「ばか」なんてつけられちゃって・・・ もうどうにでもなっちゃえ!って感じ

植物でもキノコでも 他にもっとこうなんてゆーかソフトな可愛い名前にしましょうよ と言いたくなりますね(私だけか?!)

なのでこの「イヌツゲ」なんだか可愛そうな名前です 他にいいようがなかったのかしら?
新年早々 戌年なんだけどちょっぴり「イヌ」がかわいそうになっちゃいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月5日 スケッチを学ぼう

動物・植物・地学部門合同の観察会です

日時 2月5日(日) 10時から15時

場所 鳳来寺山自然科学博物館

スケッチを通して 植物や動物などをじっくり観察しましょう
今まで気付かなかった特徴など いろいろな事がわかるかも!

持ち物や詳細については 博物館までお問い合わせください また 友の会会員の皆さんには学習会のご案内のレターを発送しますので そちらも参考にしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

2006年 あけましておめでとうございます

本年も鳳来寺山自然科学博物館をどうぞよろしくお願いします

さて 昨年の今頃のような気がしますが 博物館の裏手のモミジに巣箱をふたつ掛けました

20060108b  

 

 ←ひとつは 小鳥さん用
  巣箱の上の耳がチャームポイント!

 

  

20060108  

 ←もうひとつは ムササビ用
  手ごろな大きさの巣箱です
 

 

小鳥さん用巣箱はときおりシジュウカラやヤマガラが様子を伺っていたようですが 結局使われずに一年が過ぎてしまいました 今年はぜひ入居&子育てをしていただきたいものです

そしてムササビ用巣箱!最近 裏山からムササビの鳴き声が良く聞こえるとの秘密情報を手に入れたので きっと入居しているだろうと 夕方暗くなるころ 何度か懐中電灯片手に 巣箱を見にいったのですが・・・結局 ムササビの姿・鳴き声を確認することはできませんでした
しかし!巣箱は掛けたときには無い齧り痕があったり 巣箱の入口に杉の皮がぶらさがっていたりと なんとなく誰かが通っているような気配がします

日の短いこの季節 閉館時間に見回りを兼ねて 屋上からそっと観察はしているけれど なかなかうまくはいきません

この2つの巣箱 年末まではモミジの枝に隠れていて見つけにくかったのだけど 年末大掃除でモミジの枝が掃われて 屋上からとっても見やすくなりました

この巣箱に 誰かの入居確認ができたら また連絡しますね
博物館に来たら 屋上からそーっと 巣箱を確認してくださいね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »