2005年9月 3日 (土)

本家本元 はくぶつかんだより熱烈猛烈執筆中

今年4月 本家本元「はくぶつかんだより」が100号を迎えました おめでとう!

ここで言う本家本元「はくぶつかんだより」とは ここ鳳来寺山自然科学博物館発行の 学芸員が手書きで鳳来町や周辺の自然記事・博物館の出来事などを綴ったたよりのことです 手書きの文章と そのイラストが大好評のたよりですが 難点は手書きのため 書くのに時間がかかり 年に6回程度しか発行できないこと そのはくぶつかんだよりが この4月に100号となったのです!これはめでたい!そして今なんと この8月の話題(№104)、博物館友の会の歴史(№105)、博物館の歴史(№106)と 怒涛の3枚一度に作成中!今までにないハイペースです 半年で1年分出しちゃいます 太っ腹!

どうしてこうなったかというと 鳳来町は来月10月1日に お隣の作手村・新城市と合併して 新生・新城市になるのですが その際にこの博物館のことを 作手村・新城市の皆さんによりよく知ってもらおうと考え 合併より一足早く 作手・新城の皆さんに「はくぶつかんだより」をお届けしようと がんばった努力の賜物です

作手・新城の皆さん もうすぐ皆さんのところに「はくぶつかんだより」が行きます ぜひ本家本元「はくぶつかんだより」読んでくださいね そして鳳来寺山自然科学博物館をよろしくお願いします ぜひ見学に来てくださいね

鳳来町の皆さん 皆さんのところには まず104・105号をお届けします 106号は9月末にお届けの予定です それまでちょっぴりお待ちください そしてこれからも博物館をよろしくお願いします

鳳来寺山博物館友の会の皆さん 皆さんのところには まず104・105号を9月中にお届けします 106号は追ってお届けする予定です 必ず全号お届けしますのでしばらくお待ちください

20050903  

 

がんばって書&描いてます
皆さんからの感想・励ましのお便り・メールも待ってます
BY 学芸員 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

オトナの昆虫相談会

夏休み名物「自由研究相談会」毎日開催中!(ただし学芸員のいるときだけですが…)とは言っても 相談に来てくれたときが「相談会」なので きちんとしたブースがあるわけでも 専属で白衣を着た人がでーんと座って待っているわけでもないのだけどね

今日は 館内でつかまえた「トンボ」の相談がありました 持込者は友の会会員でもある Tさん 本日小・中学校の先生対象の植物観察会があり この観察会に参加したあと 館内を見学中に捕まえた「トンボ」でした

学芸員 四苦八苦して 図鑑やら調べたのですが すぱっとした名前が出ません 結局 Tさんの知り合いの「昆虫の詳しい人に聞く」という結果に終わりました うーん悔しい!

20050823

真剣な眼差しで トンボを見つめるオトナ3人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

激写!第2弾 粘菌

学芸員の激写!シリーズ第1弾は ゴキブリでした

先日 博物館の裏山に とある用事で出かけた学芸員が 懐かしいモノを発見して帰ってきました

それは「粘菌」

なぜ懐かしいかというと 私がこの博物館で働き始めた1年目の冬 東京の国立科学博物館へ 博物館職員で見学に出かけたのですが その展示会が「粘菌の世界」(だったかな?) ディープな世界を垣間見てきました
その後 友の会会員の方もやはりその展示会を見に行き そのお土産として「モジホコリ」の仲間の粘菌を貰い 博物館でもしばらく飼育?していたのです

その粘菌が 博物館の裏で今 じわりじわりと広がっているのです そのうち博物館も黄色の粘菌に覆われたりなんかしちゃったりして!と考えると とてもわくわくしてきます

ま そんなこんなな粘菌ワールド ディープな変形菌の世界へようこそ!

20050725f  

 

 

 激写!粘菌撮影中

| | コメント (0) | トラックバック (0)